たすいちな人 たすいちな人

TASUICHI-BITO Vol.2 (後編) 心地よさも楽しさも、自分たちの手で作り出せる。 TASUICHI-BITO Vol.2 (後編) 心地よさも楽しさも、自分たちの手で作り出せる。

渡部さんと夫・忠さんが「CORNER」を開いたのは3年ほど前。海まで歩いて15分。おふたりの住まいにして仕事場である空間は、毎日の暮らしを楽しむヒントに溢れています。DIYで仕上げた天井や壁、古材のテーブル、ご近所さんと開くマルシェ…。どれも渡部さんの作品のように、心地よくあたたかです。

工夫と手を動かすことで、家での時間を豊かにする。 工夫と手を動かすことで、家での時間を豊かにする。

「私も夫も1日の大半、家にいます。いていいよと言われたら何日でも家にいられるくらい家で過ごすのが好き」渡部さんの夫・忠さんは企画デザイン事務所を主宰し、ディレクター&デザイナーとして活躍する人物。1階のリビングや2階の居住スペースが仕事場です。「この家は、ずっと昔は魚屋さんだったそうです。そして手芸店になり、天然酵母のパン屋さんになり、その後を私たちが引き継ぎました。年月を経て、多くの人の手で大切にされてきたもの。ふたりとも、そういう古いものが好きなんです」その空間を、さらに心地よくするためにアトリエの天井や壁を白く塗り、カウンターに板を貼り、リノリウム張りだったダイニングの床をフローリングに。すべて自分たちの手で仕上げたといいます。「アトリエはギャラリーやイベントスペースとしても開放するので、家具は基本的に可動できるものばかり。テーブルや作業台も古道具屋さんや古材屋さんで手に入れた素材で作りました。買うより安いし技術も身につきます。何と言っても本当にほしいものができるし、作ること自体も楽しいですから」

画像6 画像6
テーブルは、葉山の古道具屋さん〈wakka〉で年季の入ったアイアンの脚を、葉山〈桜花園〉の古材と組み合わせたもの。

ネコの3兄妹といることが何よりのリラックス。 ネコの3兄妹といることが何よりのリラックス。

渡部さんのもとには、3歳になるネコの3兄妹がいます。横須賀市で活動する動物保護団体から生後2ヶ月くらいの頃にやってきた保護ネコで、今や渡部さん夫妻にとって欠かせない家族です。「お見合いでアトリエに連れて来ていただいた瞬間に一目惚れ。その場で兄妹全員うちの子に!と申し出て、その晩からずっと一緒です」名前は懐かしいCMを連想させる”チャン”と”リン”と”シャン”。のんびりやだけどシャイな長男のチャン、甘えん坊でおしゃべり女子のリン、ツンデレな長毛女子のシャン。仕事をする時も、くつろぐ時も、渡部さん夫妻の視界にはいつも誰かがいるといいます。「仕事に集中しすぎて疲れ果てそうな時も、チャンリンシャンがいることでふっと緊張が解けて、気持ちのバランスを立て直せます」アトリエの大きな窓辺が好きな3兄妹は、ご近所さんの間でも人気者。「CORNER」の看板ネコです。

画像7 画像7
窓辺に置いた銭湯の脱衣カゴでくつろぎながら渡部さんを見守るリンちゃんは、兄妹一番の甘えん坊。

“こんなものがあるといいな”を形にする喜びを。 “こんなものがあるといいな”を形にする喜びを。

渡部さん夫妻の〈CORNER〉は、ここに集まる人たちにとっても大切な場所。子育て支援センターが近く、通学路に面していることから子育て中の女性も数多くワークショップやイベントに参加するのだとか。そんな中、彼女たちの声から生まれたアイテムも。こんなものがほしいを形にしたのがマザーズバッグやおむつポーチ。子育て中に何を着ていいのかわからないの声からは、ナチュラルでシンプルなデイリーウェアの型紙レーベルが生まれました。メーカー勤務時代の同期、鎌倉在住のパタンナー・木地谷良一さんとのコラボした〈TOWN〉の型紙は、縫い代分も含んでカットされているから袋から出してすぐに裁断できると好評。しかも、懇切丁寧で要点をついた作り方付き。「洋裁に慣れていない人でも、面倒に思うことなく着たい服を作れるようにフォローしたい」という渡部さんの思いが隅々まで感じられます。「身につける楽しみだけでなく、それを自分の手で作る楽しみを感じてもらえたら。そんなところから少しずつ日常が素敵なものになるんじゃないかなと思います」

画像8 画像8
画像9 画像9
〈TOWN〉の型紙を使ったソーイング教室も不定期開催。自分の好きな布地で着たい服が出来上がります。
  • 渡部まみさんの写真
渡部まみさん

わたなべまみ/都内の服飾専門学校を卒業後、 大手アパレルメーカーに就職。ニットデザイナーとして経験を積んだ後、服飾専門学校の教員に。 2007年、結婚を機に退職して葉山に移住し、ニット作家として独立。2008年には自らのブランド〈short finger〉を立ち上げた。 現在は葉山のアトリエ「CORNER」を拠点に活動。著書に『エコアンダリヤとサマーヤーンで編むバッグと小物』など。

Archibes